車の省エネと環境対策について

クルマの省エネや環境対策を考える上で私たちがよく理解しておかなくてはいけないことがあります。
欧米のように燃料調達にそれほど苦労しない国であれば燃費もそれほど考えなくても良いのですが、日本のように海に囲まれた島国で、終戦後の外交で不利な国の場合、燃料に大きな関税がかかり、また輸入の際のコストも非常に高くなるため、排気量の大きな燃費の悪いクルマは国内での走行に不向きであるため、欧米のクルマに比べて小さめで燃費の良い車が好まれ、早くから燃費水準には注目してきました。
}PgžxQ

環境にやさしく燃費も良いクルマとしてハイブリッド車が多く生産されるようになって、家庭での燃料費負担が少なくなり、さらにCO²排出量も抑えて、地球温暖化対策にも一躍を担っていると言われていますが、実際にハイブリッド車の場合、通常のガソリン車に比べて50万円から100万円ほど価格が高く、電池の寿命などの問題もあり、燃料費でこれをカバーするとは言い切れず、地球温暖化の問題も夏日に突然雹が降ったり、2月に都市部で大雪が降るなど寒冷化とも言えるような現象が出ていて、温暖化対策とは言い切れません。
一番の対策としては極力クルマの使用を控え、安全速度での走行を心がけ、無駄なガソリンの消費を抑えることがもっともよい方法でしょう。”