Author Archive

メタノール自動車の構造

ビジネス、プライベートを問わず、現代人にとって便利な生活の足として利用されている車。
多くの人にとって欠かすことのできない必需品であると言え、特に地方においては2台以上保有する人も少なくはありません。
近年では環境保護の意識が強まり、電気を動力とするものやハイブリットカーなどが注目され、環境に優しい自動車を選ぶ人が増えてきました。
そんな、環境に優しい車の一つとしてメタノール自動車というものが存在します。
今回はこの車について解説をします。

この車は、ガソリンや軽油の代わりに、メチルアルコールを燃料とする車のことです。
純粋なメチルアルコールを燃料とするタイプとメチルアルコールにガソリンを混ぜたものを燃料とする2つのタイプがあり、どちらもガソリンや軽油を燃料とする車に比べて、窒素化合物の排出量が少ないことから、クリーンな車として注目されています。
メチルアルコールとはアルコールの一種であり、天然ガスの主要な成分であるメタンや石炭など様々や資源から製造が可能となっています。
尚、現在のメチルアルコールの半分以上は天然ガスから製造されています。

一口に環境に優しい車、エコカーと言っても様々な種類、動力のものが存在します。
どんなものが存在するのか、まずその種類を知ることが重要だと言えるでしょう。

LPG自動車は現在どれくらい普及のしているか

LPガスを燃料とするLPG自動車は、現在日本国内において約24万台ほど利用されており、主にタクシーやトラックなど業務用車両として使用されています。なかでもタクシーは国内で走行するLPG自動車の約80%を占めており、長きにわたって広く利用され続けています。
日本国内におけるLPG自動車の普及率は1990年ごろを境に減少傾向にありますが、その一方で、世界では反対にLPG自動車の利用は広がっています。2000年から2011年までの約10年間で3倍以上もLPG自動車は増加し、ヨーロッパではポーランドやトルコ、アジア圏では韓国やインドなどの伸び率が顕著です。

LPG自動車の利用が広がる背景には、環境に対する意識の向上や燃料費の高騰があります。ガソリン車に比べて排出ガスがクリーンなLPG自動車は大気汚染の予防にも効果的であり、温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量削減にも貢献できます。また世界の主要国におけるLPガスの価格は、ガソリンなど他の燃料に対して常に優位性を保っており、日本においてもリッター当たりの販売価格はガソリンの約60%ほどとなっていますので、原油価格の高騰を受けて高まる一方の燃料費の削減にも有効です。

LPG自動車の燃料の供給方法

LPG自動車とはガソリンの代わりにプロパンガスなどのガスを使用して走る車の事です。ガスは気体ですが、配合率や温度によって液化することになります。つまり液化する事によって燃料として利用できる事になります。この車にはタクシーが多く、この方式の燃料を推進している委員会も立ち上げられています。これが推進される理由は、二酸化炭素の排出量がガソリン車と比べると低いので地球環境に優しいクリーンな燃料として認識されています。

燃料供給の方法としては、ガソリンを供給する方法と同じく、パイプを直接差し込んで燃料を入れていきます。ガソリンはセルフで入れる事が許可されていますが、このガスは自分で入れる事を許可されていません。必ず許可を得た従業員が入れる事になります。ガソリンスタンドに行くとオートガスと表記されたスペースを見ることが出来ます。このLPG自動車はそのスペースで燃料を入れてもらう事になります。これはガソリンとは違ってガスであるので、素人がミスをしてその辺りにガスを排出してしまうことにもなれば引火の危険性もあり大惨事に繋がる可能性も出てきます。ガソリンスタンドを選ばないと供給が出来ませんが、エコであるので使用している人も多いです。

LPG自動車のメリットとデメリット

まずはLPG自動車の「LPG」について説明しましょう。これは「液化石油ガス」のことで、具体的にはプロパンとブタンを混ぜたものです。この自動車は乗用車ではほとんど見かけませんが、タクシーやゴミ収集車など、意外と身近な存在です。ガソリン自動車とエンジン構造はほぼ同じですが、LPGは最初から気体として供給されるので、燃料タンクや燃料と空気を混合する装置の構造は大きく異なります。
 

タクシーのほとんどがこの方式の車であるのは、メリットがあるからです。まず、ガソリン価格の大部分を占める税金がかからないので、なんといっても燃料代が安いのです。ガソリンの半分以下の価格ですから、多少燃費が悪くても問題になりません。オイルの汚れも生じにくく、ということはエンジンの耐用年数も長いのです。このように経済的な理由で採用されるLPGですが、近年、化石燃料の中では大気汚染物質や二酸化炭素の排出が少ないというオマケの要素で注目されたりします。
 一方、乗用車として普及していないのにも理由があります。ガソリン車に較べてパワーが低いのです。タクシーの運転手さんはこれを技術で補っています。また、寒冷地ではエンジンがかかりにくかったり、普及率が低い悲哀で専用スタンドが少なく、ほとんどのスタンドは現金でしか支払えません。燃料が入るボンベのメンテナンスにも手間がかかります。”

LPG自動車の仕組みと特性

最近はタクシーでもハイブリッド車を見かけるようになりましたが、失礼ながら導入の目的は経済的な目的が主で、環境問題は副次的なものでしょう。その点では、未だにタクシーのほとんどを占めるLPG車も同じだからです。
 ガソリンスタンドでタクシーを見かけないのは、この燃料専用のスタンドで燃料を補給しているからです。では、ガソリン自動車との共通点と相違点を見てみましょう。エンジンの構造はどちらもほぼ同じです。ですから、外国では燃料の切り替え操作を行うことにより、どちらの燃料でも走行できる車も存在するほどです。

花瓶01
 しかし、燃料をエンジンに送り込む過程ではかなりの相違が見られます。まず、燃料である「LPG」ですが、これは「液化石油ガス」のことで、具体的にはプロパンとブタンを混ぜたものです。液体でタンクに注入されるガソリンと異なり、これは圧力をかけて貯蔵され、常温常圧で液体であるのガソリンや軽油のタンクとは異なる構造にしなければなりません。具体的には燃料容器は圧力に耐え、気密性を保つために鋼鉄製の堅牢な構造であり、注入口は弁があり、充填の際にノズルと密着します。
 見えない部分ではエンジンにガスを送り出すガスミキサー、ガス・インジェクションがこの車に特有のものです。

メタノール自動車の今後はどうなる?

メタノール自動車は、主に天然ガスから生成されているアルコールの一種であるメタノールを燃料として自走する自動車のことで、純粋なメタノールのほか、ガソリンを一定の割合だけ混合したものが用いられることがあります。
メタノール自動車をはじめとする代替燃料自動車や電気自動車の普及は、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出抑制を掲げる我が国の国策としてこれまで推進されてきており、さまざまな補助金制度なども設けられています。
}PgžxQ

こうした車両に燃料や電気を供給する設備はエコステーションと呼ばれており、公共用、事業用などの車両そのものの取得のための補助事業とあわせ、設備を新設するための費用の3分の2ないし2分の1程度を国が補助する事業が行われていました。
現在も電気自動車など他の低公害車についてはこのような事業が行われていますが、メタノール自動車については普及状況などから2002年にこの補助事業の対象外となってしまっています。
メタノール自動車のためのステーション設置にあたっては毒物・劇物取扱責任者の配置が必要などの制約もあり、現在はより簡素なタイプの充電設備を設ければよい電気自動車やプラグインハイブリッド自動車などの普及のほうが盛んであることから、将来的なシェアとしてはこれらに取って代わられるのではないかとみられています。

燃料の供給の方法の仕組み

生活に欠かせない乗り物である自動車には、低燃費で公害の原因となる公害ガスの排出が極めて少ないタイプの車が開発・販売されています。
メタノール自動車はそのような環境に優しい車の一つであり、燃料にメタノールを使用します。
メタノール自動車の為にメタノールを供給するステーションが作られましたが、近年ではハイブリッドカーや天然ガス自動車などより普及しやすいエネルギー源を使った低燃費性能の高い車が登場しているので、普及状況が落ち着いており、メタノールの供給はエコステーションと呼ばれる天然ガスや電気などのガソリン以外のエネルギー源を複合的に補給出来る施設で補給が可能になっています。
}PgžxQ

メタノールの発熱量は軽油の発熱量に比べて半分程であり、走行距離が短くなる傾向があり、ガソリン車などと同等の走行距離を得るには大型タンクを採用する必要があり、その分、車体が大型化しなければいけないという弱点があります。
メタノール自動車に使われているメタノールには、純粋なメタノールとガソリンを混合したメタノールのいずれかが使われています。
ガソリン車やディーゼル車よりも黒煙や粒子状物質や窒素酸化物などの排出量が少なく、クリーンなエネルギーで走行出来るのがメタノール自動車の利点です。

メタノール自動車の課題点

メタノール自動車とは、メタノールを燃料として走る車のことを言います。メタノールは、メタンや石炭、木材など様々なものから製造することができますが、その多くは天然ガスから製造されています。メタノール車は現在100%メタノールのみを燃料として使う車と、ガソリンと混合して使う車とがありますが、黒煙や粒子状物質がほとんど出ないことや、窒素酸化物などの排出量もディーゼル車と比べるとが非常に少ないエコカーであるのが特徴です。

しかし、メタノール車には課題もあります。たとえば、発熱量が軽油の約半分程度と非常に少ないために、走行距離が短くなってしまうことです。そこで普通の車並の走行距離に伸ばすためには、燃料タンクの容量を大きくせざるをえなくなってしまいます。しかし燃料タンクを大きくすれば重量が増してしまい、燃費の悪化やスペースの確保が難しくなるという問題が発生してしまいます。

また、メタノール充填スタンドが少ないために、メタノール車を普及させるためにはインフラを整備する必要があります。さらに基本的に環境に優しい車なのですが、エンジンが冷えているときの始動すると、ホルムアルデヒドの排出が増えてしまうという課題があげられています。

メタノール自動車の特性は

“ビジネス、プライベートを問わず、現代人にとって便利な生活の足として利用されている車。
多くの人にとって欠かすことのできない必需品であると言え、特に地方においては2台以上保有する人も少なくはありません。

近年では環境保護の意識が強まり、電気を動力とするものやハイブリットカーなどが注目され、環境に優しい自動車を選ぶ人が増えてきました。
そんな、環境に優しい車の一つとしてメタノール自動車というものが存在します。
今回はこの車について解説をします。
}PgžxQ

この車は、ガソリンや軽油の代わりに、メチルアルコールを燃料とする車のことです。
純粋なメチルアルコールを燃料とするタイプとメチルアルコールにガソリンを混ぜたものを燃料とする2つのタイプがあり、どちらもガソリンや軽油を燃料とする車に比べて、窒素化合物の排出量が少ないことから、クリーンな車として注目されています。

メチルアルコールとはアルコールの一種であり、天然ガスの主要な成分であるメタンや石炭など様々や資源から製造が可能となっています。
尚、現在のメチルアルコールの半分以上は天然ガスから製造されています。

一口に環境に優しい車、エコカーと言っても様々な種類、動力のものが存在します。
どんなものが存在するのか、まずその種類を知ることが重要だと言えるでしょう。