メタノール自動車の構造

ビジネス、プライベートを問わず、現代人にとって便利な生活の足として利用されている車。
多くの人にとって欠かすことのできない必需品であると言え、特に地方においては2台以上保有する人も少なくはありません。
近年では環境保護の意識が強まり、電気を動力とするものやハイブリットカーなどが注目され、環境に優しい自動車を選ぶ人が増えてきました。
そんな、環境に優しい車の一つとしてメタノール自動車というものが存在します。
今回はこの車について解説をします。

この車は、ガソリンや軽油の代わりに、メチルアルコールを燃料とする車のことです。
純粋なメチルアルコールを燃料とするタイプとメチルアルコールにガソリンを混ぜたものを燃料とする2つのタイプがあり、どちらもガソリンや軽油を燃料とする車に比べて、窒素化合物の排出量が少ないことから、クリーンな車として注目されています。
メチルアルコールとはアルコールの一種であり、天然ガスの主要な成分であるメタンや石炭など様々や資源から製造が可能となっています。
尚、現在のメチルアルコールの半分以上は天然ガスから製造されています。

一口に環境に優しい車、エコカーと言っても様々な種類、動力のものが存在します。
どんなものが存在するのか、まずその種類を知ることが重要だと言えるでしょう。

Comments are closed.