LPG自動車の仕組みと特性

最近はタクシーでもハイブリッド車を見かけるようになりましたが、失礼ながら導入の目的は経済的な目的が主で、環境問題は副次的なものでしょう。その点では、未だにタクシーのほとんどを占めるLPG車も同じだからです。
 ガソリンスタンドでタクシーを見かけないのは、この燃料専用のスタンドで燃料を補給しているからです。では、ガソリン自動車との共通点と相違点を見てみましょう。エンジンの構造はどちらもほぼ同じです。ですから、外国では燃料の切り替え操作を行うことにより、どちらの燃料でも走行できる車も存在するほどです。

花瓶01
 しかし、燃料をエンジンに送り込む過程ではかなりの相違が見られます。まず、燃料である「LPG」ですが、これは「液化石油ガス」のことで、具体的にはプロパンとブタンを混ぜたものです。液体でタンクに注入されるガソリンと異なり、これは圧力をかけて貯蔵され、常温常圧で液体であるのガソリンや軽油のタンクとは異なる構造にしなければなりません。具体的には燃料容器は圧力に耐え、気密性を保つために鋼鉄製の堅牢な構造であり、注入口は弁があり、充填の際にノズルと密着します。
 見えない部分ではエンジンにガスを送り出すガスミキサー、ガス・インジェクションがこの車に特有のものです。

Comments are closed.