LPG自動車の燃料の供給方法

LPG自動車とはガソリンの代わりにプロパンガスなどのガスを使用して走る車の事です。ガスは気体ですが、配合率や温度によって液化することになります。つまり液化する事によって燃料として利用できる事になります。この車にはタクシーが多く、この方式の燃料を推進している委員会も立ち上げられています。これが推進される理由は、二酸化炭素の排出量がガソリン車と比べると低いので地球環境に優しいクリーンな燃料として認識されています。

燃料供給の方法としては、ガソリンを供給する方法と同じく、パイプを直接差し込んで燃料を入れていきます。ガソリンはセルフで入れる事が許可されていますが、このガスは自分で入れる事を許可されていません。必ず許可を得た従業員が入れる事になります。ガソリンスタンドに行くとオートガスと表記されたスペースを見ることが出来ます。このLPG自動車はそのスペースで燃料を入れてもらう事になります。これはガソリンとは違ってガスであるので、素人がミスをしてその辺りにガスを排出してしまうことにもなれば引火の危険性もあり大惨事に繋がる可能性も出てきます。ガソリンスタンドを選ばないと供給が出来ませんが、エコであるので使用している人も多いです。

Comments are closed.