メタノール自動車の課題点

メタノール自動車とは、メタノールを燃料として走る車のことを言います。メタノールは、メタンや石炭、木材など様々なものから製造することができますが、その多くは天然ガスから製造されています。メタノール車は現在100%メタノールのみを燃料として使う車と、ガソリンと混合して使う車とがありますが、黒煙や粒子状物質がほとんど出ないことや、窒素酸化物などの排出量もディーゼル車と比べるとが非常に少ないエコカーであるのが特徴です。

しかし、メタノール車には課題もあります。たとえば、発熱量が軽油の約半分程度と非常に少ないために、走行距離が短くなってしまうことです。そこで普通の車並の走行距離に伸ばすためには、燃料タンクの容量を大きくせざるをえなくなってしまいます。しかし燃料タンクを大きくすれば重量が増してしまい、燃費の悪化やスペースの確保が難しくなるという問題が発生してしまいます。

また、メタノール充填スタンドが少ないために、メタノール車を普及させるためにはインフラを整備する必要があります。さらに基本的に環境に優しい車なのですが、エンジンが冷えているときの始動すると、ホルムアルデヒドの排出が増えてしまうという課題があげられています。

Comments are closed.