燃料の供給の方法の仕組み

生活に欠かせない乗り物である自動車には、低燃費で公害の原因となる公害ガスの排出が極めて少ないタイプの車が開発・販売されています。
メタノール自動車はそのような環境に優しい車の一つであり、燃料にメタノールを使用します。
メタノール自動車の為にメタノールを供給するステーションが作られましたが、近年ではハイブリッドカーや天然ガス自動車などより普及しやすいエネルギー源を使った低燃費性能の高い車が登場しているので、普及状況が落ち着いており、メタノールの供給はエコステーションと呼ばれる天然ガスや電気などのガソリン以外のエネルギー源を複合的に補給出来る施設で補給が可能になっています。
}PgžxQ

メタノールの発熱量は軽油の発熱量に比べて半分程であり、走行距離が短くなる傾向があり、ガソリン車などと同等の走行距離を得るには大型タンクを採用する必要があり、その分、車体が大型化しなければいけないという弱点があります。
メタノール自動車に使われているメタノールには、純粋なメタノールとガソリンを混合したメタノールのいずれかが使われています。
ガソリン車やディーゼル車よりも黒煙や粒子状物質や窒素酸化物などの排出量が少なく、クリーンなエネルギーで走行出来るのがメタノール自動車の利点です。

Comments are closed.